専業主婦の方、自分の小遣いはどうやりくりしていますか?

2017年10月16日

私は結婚してもうすぐ15年になりますが、家計からの小遣いは基本ありません。

スポンサーリンク

赤字家計から小遣いもらえないっしょ

理由は簡単で、ただでさえ赤字家計なのに、妻小遣いをもらうと余計赤字額が増えるからです。

増えた赤字分を旦那さんが働いて穴埋めしてくれればいいのですが、現実にはそういうわけにもいきません。

 

なので、結婚前に貯めた貯金を崩しながら15年生活してきました。

 

専業主婦って、何かしらお金を使うんですよねぇ・・・

化粧品やシャンプーなどのヘアケア用品、美容院代、洋服代、ランチ代。
けっこう使います。

 

でも、貯金の残高はあまり減ってないのですよ^^

沢山貯金してたと思うでしょ。いえいえ・・・減らない工夫をしてきたんです。

 

どんな工夫をしてきたか、まとめてみました。

参考になれば幸いです。

 

 

主婦の株取引|思ったよりも大変でした

「主婦が株で稼ぐ」という山本有花さん関連の本を読んで、しばらく株取引をしていました。

 

仕事をしていたときに、証券会社とのお付き合いはあったのですが、投資信託で大損してしまってそのまま放置していました。

株を始めるにあたって、いろいろ調べてみると、リアル店舗よりもネット取引の方が手数料なども安いことが分かりました。

それで、いくつかネット証券を開設して試していました。

 

最初に買ったのが当時の注目株だったみたい。

全然知らなかったんですけど、ビギナーズラックです。

 

購入して3週間くらいで値上がりしたので売りました。

数千円の利益があったんですけど、「あ~、もっとたくさん買っておけばよかったな」と思いました。

 

でも、なにが狙い目なのかぜんぜんわからず、とりあえず株を買ったものの、心配で1日中取引画面を見ている生活にも飽きてしまい、7年くらい放置していました。

 

その間、経済も不安定でしたし、株価も下落するしですごくがっかりしました。

 

最近、ふと思い出して取引画面を見たところ、株価が戻ってきていて、購入額よりもちょっぴりだけ上回ったので、全部持ち株を売ってしまいました。

 

毎年2回配当金や株主優待の割引券などをもらっていて、お得感はあったんですが、また株価が下がってしまうのも嫌だったので、損しないうちにと売ってしまいました。

 

主婦は株取引に向いているらしいです。

「日常的に買い物をしていて物価にも敏感だから」というのがその理由なんですが、、私には向かなかったかもしれません。

 

 

せどりで稼ぐ

私は読書が好きで、沢山の本が家にありました。

 

転勤族なので、本の整理をしようとしていたら、「せどり」という方法に出会い、本を売り始めました。

 

すごく面倒な手続きがいるのかと思うと、案外簡単で、面白いように本が売れていくので、あっという間にめぼしい本はなくなってしまいました。

 

在庫がなくなってしまったので、ブックオフなどに仕入れに出かけたのですが、何を仕入れていいのか分からず、とりあえず仕入れたものの、赤字になることも。

 

現在は、仕入れは無理して行わず、読んだ本を売ることが多いです。

特に、映画化やドラマ化された本は、いい値で売れることが多いので、そういう本を読むことが多いです。

趣味と実益を兼ねて・・・というところでしょうか。

 

※当時は「くろねこメール便」という格安の送料だったから、本のせどりでも利益が出たんですが、メール便が廃止になって、本のせどりでは利益がでなくなったみたいですね。

 

せどりは在庫を抱えるので、ちょうど本がなくなったタイミングで撤退しています。

 

 

ライターで稼ぐ

結婚して10年もたつと、貯金も目減りしてきて、いよいよヤバいなと思いました。

 

そこで、ライターの内職をすることに。

 

クラウドワークスランサーズに登録し、自分が書けそうな内容の記事を書いています。

 

単価は安いですが、気がつくとチリつも式にお金がたまっています。

 

パソコンのキータッチも早くなりました^^

 

今後は、自分のお小遣いだけでなく、子供たちの教育費など家計の足しになる働き方が必要になってきました。

今、いろいろと試しているところです。在宅で仕事できるように頑張ろうと思ってます。

 

 

アフィリエイトに出会う

現在の私の作業の中心は、アフィリエイトです。

 

主に「物販」と言われる物やサービスを紹介して、紹介料をいただいています。

 

毎日コツコツ作業を続ければ、今かなりまとまった報酬になっていると思うんですけど、雑念がいろいろとありまして・・・

 

そろそろ本気で頑張ろうと思っているところです。

スポンサーリンク