中古マンション購入!40代から始まるローン返済にドキドキ

2017年10月16日

中古マンションを買ってしまいました。
もう、衝動買いに近いです。
「大丈夫?私」。

スポンサーリンク

ちらしポストイン~マンション購入まで

わが家のポストにオープンルームのチラシが入ってから2ヶ月。

 

現在住んでいる賃貸マンションのすぐ近くだったし、子どもたちの通う学校の校区内。

バス停も目の前、隣はスーパー。

申し分ない立地だったんです。

 

そして驚くことに

「この広さでこの価格?」

相場がわからない私でも

「これはお買い得な物件では?」

と、感じたわけです。

 

とはいえ、チラシがポストに入っていたのは、オープンルーム開催日の数日後。

 

オープンルームのときに契約した人がいるに違いない、といったんはあきらめたものの、諦めきれなかった私。

 

ネットで不動産物件を検索すると、チラシの物件もずーっと掲載されているし、思い切って連絡してみると、

「まだ空いていますよ」

との返事。

 

急いでお部屋をみせてもらって、主人も満足の様子。
すぐに購入の手続きをはじめました。

 

急にマンション購入しようと思ったわけ

今まで話題にも上らなかった「マンション購入」。

突然、買おうと思ったのは、主人の給料が激減し、賃貸マンションの家賃を払うのが苦しいと思ったからです。

 

4年後は、今よりも苦しい状況にあると考えると、今の家賃を払い続けることに不安を感じました。

 

払えなくなったら、マンションを出なければならない。

子どもたちもまだ学生だし、「独り暮らししなさい」ともいえない。

部屋も子どもたちの成長とともに手狭になってきていたので、このままここに住み続けていいんだろうか・・・と漠然と思っていたんですね。

 

そういうタイミングで入ってきたチラシだったのでものすごく心を動かされました。

 

場所をよく知っているということもあったし、漠然と「このマンションが売りにでたら買ってもいいなぁ」と
思っていた物件だったのです。

 

間取りも住みやすそうな間取りでした。

4LDKなので、子どもたちの部屋も1部屋ずつ確保できるし、物が多い主人の部屋もひと部屋できます。

なにより、和室が私の仕事部屋にできるのもうれしい♪

 

ただ、この部屋ひと部屋だけみて決断していいのか
もっといくつか物件をみるべきではないのかというところに
迷いがありました。

 

でも、この部屋がいいんだという裏付けのために物件を観ているうちに
他の人が買ってしまったら後悔するだろうなと思って
決断をすることにしました。

 

買って失敗したとはいいたくありません。

 

せっかく見つけたマイホーム。

 

主人の仕事の不安はありますけど、ローンを背負うことで緊張感持ってもらったらいいな。

 

私もローンの足しになるように仕事を探そうと思います。

スポンサーリンク