退職後旅行に行きたいと言われてもその後の生活が不安

2017年10月16日

ダンナさんは4年以内に退職する予定。
定年退職ではなく、アラフィフ年齢の早期退職です。

スポンサーリンク

早期退職について妻と夫では温度差が・・・

まだ、子供たちも学生だし、会社が早めに早期退職を促してくれているので、
「今のうちから就活して早めに転職をして欲しい」

↑妻はこう思っているのですが、本人はのんびりとしたものです。

 

「退職したら、ママと船で世界一周旅行したいな。」

 

はぁ~?
何いってんの?
と思っちゃいましたが、目はいたって真剣でした。

 

母親としては、子どもたちが学校を卒業して、就職して、仕事が3年続くまでは心配。3年続いたらひと安心かなと思っているのですが、ダンナさんは自分と私の夫婦のことしか眼中にない様子。

 

母親としては、自分たちの老後よりも子どもの生活の方が心配なのです。

このあたりは、男性と女性で考え方が違うものなんでしょうか?

 

今でさえ、残業代がなくなって、1ヵ月分の給料では生活できなくなってきているのに、退職して収入がゼロになってしまったらどうやって生きていけばいいんでしょう。

 

 

今さらですが、家計簿をつけはじめました

家計簿は、現金出納帳に入金と支出を書きとめた「お小遣い帳」的なものはずっとつけていたんですけど、

・給料から家計にいくら入れたか
・足りない分をどこから補てんしたか

をきっちりかくようにしました。

 

この状態を数ヶ月続けてみて、給料の不足分をどこから補てんしていて、今後貯金がどうなるのかをダンナさんにも見せたいと思ってます。

 

そこで

「ヤバい!仕事探さなきゃ」
と危機感をもってくれるといいんですけどね。

スポンサーリンク