早期退職とは?リストラや解雇とは違うの?

2017年10月16日

ダンナさんは、1年前に会社から早期退職の話を聞かされました。

「早期退職勧告」
「早期退職勧奨」
といわれるものみたいですけど。

「5年以内に転職をして会社を退職してください」
というものでした。

 

私はこの話をきいて
「これってヤバい話じゃないの?」と
思ったのですが

 

ダンナさんの方は
「5年間の猶予を与えてくれて
先に予告してくれるなんて、
なんて優しい会社何だろう♪」
って思ったみたい。

 

早期退職って具体的には何なのか、リストラや解雇との違いなどについて調べてみました。

スポンサーリンク

早期退職と解雇の違い

早期退職とは、定年より前に退職するということで、自己都合による退職という位置づけになるみたいです。

 

解雇は会社がするもので、会社主導なのか、本人(労働者主導)なのかで言い方が変わるみたいですね。

 

 

本当は定年まで働くつもりだったのに、定年を待たずに会社を去るってところは早期退職も解雇も同じですけど
自己都合で早期退職してくれたほうが会社としてはイメージがいいでしょうね。

 

やっぱりニュースでリストラや解雇の話題がでると会社の印象も悪くなりますから。

 

 

早期退職のメリット・デメリット

リストラは会社の経営が傾いているので、必要に迫られて・・・というイメージがありますよね。

 

場合によっては、経営が行き詰っていて退職金がでないかも・・・ということもあり得るかもしれません。

 

その点、早期退職は会社に余裕がある状態で希望者を募るので、
・退職金上乗せ
・再就職支援制度
などの好条件をつける場合が多いです。

 

もともと仕事や人間関係に限界を感じていて、キャリアアップや転職を考えている人にとっては、うまく利用すれば、ステップアップになるかもしれません。

 

ですが、うちのダンナさんのように、安直に
「先に将来のことを教えてくれる会社はいい会社♪」なんて
ぼんやり考えている人は要注意!

 

退職金が上積みされるのがメリットかもしれませんが、退職後の再就職、収入の問題を考えるとデメリットが多いのでは?と思ってしまいます。

 

 

妻としては、早期退職した後の生活が心配

家計を預かる主婦としては今後の生活のことが心配ですし、うちには小学生と中学生の子どももいますし、学費もかかる時期なので、先の生活設計をしっかり考えなければと思っています。

 

早期退職勧奨を受けてから1年経過しているので、当時の「5年以内」は「4年以内」になりました。

 

4年以内といっても4年以内にリストラされる可能性もあるわけで、4年間安泰じゃないですから。

いまからでも少しずつ収入アップの方法を考えていかなくては!と思っています。

スポンサーリンク