片付けられない主婦に「せどり」は危険です

2017年7月18日

めるぞうに登録して、無料レポートが自由に読めるようになりました。

最近の無料レポート、せどり関係のレポートが多いですね。

ゲームや家電がおおいんでしょうか?

 

かなえも以前、せどりをやったことがあります。

 

最初の頃は、家にあった古本をブックオフに持っていってました。
でも、ブックオフだと買い取りは二束三文なんですね。

 

「どうしようかな」って思ってました。

子育て関係の専門書が多いのでもう少し必要な人にもらっていただきたいと思ってました。

で、いろいろ探していたらAmazonで古本が売れることが分かったので、Amazonマーケットプレイスに登録しました。

 

1年くらいかけて100冊くらい売ったと思います。

けっこういい値で売れました。

 

でも、面倒でした。

毎日注文をチェックしていたし、重さを測って送料を調べたり・・・

当時は「くろねこメール便」という発送方法があって、送料が比較的安く抑えられていたのですが、メール便が廃止されて送料がかかるようになってしまい、今は開店休業の状態です。

 

いかに送料を安く抑えるかで、利益が変わりますからね。

 

手持ちの本を処分したかっただけなので、マイナスにならなければいいや!とは思っていたんですけど、いいペースで売れてくると、実際のところ「欲」も出てきます。

 

仕入れて売ったらどうなるだろうと、近くの古本屋さんやブックオフを回ったりしたんですけど、安く仕入れて高く売るってすごく難しい。

 

もっと大変なのは、在庫を抱えると、在庫の保管場所が必要になるということでした。

 

ただでさえ片付けが苦手なのに、ものが増えると最悪です。

 

ダンナさんにも冷たい目で見られるし…

また、古本が溜まってきたら「せどり」を再開するかもしれません。

そのときはFBAを利用して、家に置かないようにしようと思います。

スポンサーリンク